2020年で引退するMotoGPライダー

クラッチローさんが現役を引退した。
来季は、ヤマハのテストライダーに就任してスポット参戦する可能性はあるようだけど、レギュラーライダーとしては引退だ。
今までに多くの怪我をしたようだし、今年も怪我で思うような走りができなかったようだけど、無事に現役を退くことができて良かったと思う。まぁ、テスト中に転倒するというリスクもあるけれど、現役で走るよりはリスクは減ったことでしょう。

そしてもう一人、個人的に引退だと思う選手がドビさん。本人は1年浪人して2022年にMotoGP復帰を目指すとか言ってるようだけど、その頃には忘れられてるんじゃないかと思う。ドビさん地味だから。
年齢的にも1年走らなかったら、同じスピードを維持するのは厳しいんじゃないかと思うよ。テストライダーとして走ってれば少しは違うと思うけど。ドビさんのことだから、おそらく自分が一番よく分かってる気はする。

そんな感じで、引退する選手のことを思うと、なんとも切ない気持ちになる。特にトップライダーの引退は時代の流れも感じてしまう。
でも、そうやって今までGPは続いてきた。引退する選手とデビューする選手。
近いうちにやってくるであろうロッシさんの引退は、どんな気持ちにさせてくれるんだろうか。そして、おそらくロッシさんのゼッケン❝46❞は、MotoGP4人目の永久欠番になるでしょう。
 


MotoGPランキング
 

"2020年で引退するMotoGPライダー"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: