カタールテストでシーズン始動

カタールテストが始まった。
いよいよシーズンが動きだしたような気がする。

毎年のことであるが、カタールでのヤマハの調子は良い。毎年のことなので、シーズンが進んでいくまでは本来の実力は分からない。一つのサーキットで速いからといって、チャンピオンになれるわけではない。
でも、サテライトチームに移籍したロッシさんのコメントが良好なので、今年のYZR-M1の開発の方向性は良さそう。

それから、スズキのリンスさんよりもミルさんのタイムが良かったのは意外だった。
ミルさんは、リンスさんがタイムを出した後、すぐにタイムを出しに行ったようで、かなりチームメイトを意識している模様。バチバチのライバル関係は良い方向にも向くが悪い方向にも向く。それは危険な諸刃の剣(酒呑☆ドージ)。ブリビオさんがいないのは痛いところか!?

ドゥカティは、ジャック・ミラーさんが総合でトップタイムを記録したようだ。
やはりミラーさんは速い。昔の攻撃的な走りからトップライダーにはならないだろうと思っていたけれど、彼も大人になったのかもしれない。マシン的には、エンジンの開発ができないから昨年とあまり変わることは無いだろうから、ドビさんの抜けた穴が表面化するのは来年以降か。または、ミラーさんも開発能力が高くて問題無いかもしれない。

ホンダの中のトップタイムはエスパロガロさん。ワークスなので当然といえば当然。
でも、中上さんに期待していたのでちょいと残念ではある。いろいろとやってるのだろうけど、テストであろうがタイムは出して欲しい。

アプリリアが意外とタイムが出てた。
本番でどこまでやれるか。いろいろなメーカーが出てくると面白いので頑張ってほしいところ。

KTMは誰がエースだっけ!?

つらつらと偉そうに綴ってきたけれど、結局は本番が始まってみないと分からないのだ。終わり。




MotoGPランキング
 

この記事へのコメント