天才のキラメキ

結局、今年マルク・マルケスさんは復帰しなかった。
1年のブランクを経て昔のような走りができるのだろうか。という疑問は湧いてくる。
まだ若いから、1年くらいは大丈夫かもしれないけれど、問題は、果たして来年も復帰できるのかどうか。
3度目の手術があるとか無いとかという噂もある。噂じゃなくて本当のことか、確か。手術をすると開幕までに間に合わない可能性もあるとか無いとか。
ということは、テストにも間に合わないわけで、ぶっつけ本番でどこまで本来の走りを取り戻すことができるのかどうか。

『天才のキラメキは短い』と❝バリバリ伝説❞で読んだ。


フレディー・スペンサーもそうだった。
青木琢磨もそうだった。
加藤大治郎もそうだった。
富沢祥也もそうだった。
ケイシー・ストーナーもそうだった。
あと、は、ちょいと思い浮かばない。

でも、まぁ、マルケスさんは、今までもみんなを驚かせる走りをしてきた。これからもきっと、みんなを驚かせてくれるだろうと思う。思いたい。規格外の男だから。


MotoGPランキング
 

この記事へのコメント