2020 MotoGPタイトル決定

ついに決まったぜ!今年のMotoGPのチャンピオンは、ジョアン・ミルさん。
やっぱり、あのチャンピオンが決定した直後っていいよね。ほかのライダーたちがミルさんを囲んで祝福するような仕草したりとか、チームスタッフたちの喜ぶ姿とか。

やっぱりチャンピオンは選手だけど、一人で走ってるわけじゃない。チームがあってのライダーなわけで、だから、チームスタッフの喜ぶ姿がまた感動的。みんなで掴んだタイトル。っていう感じ。

それにしても、シーズン開幕当初は誰がミルさんのタイトル獲得を予想していたでしょう。
むしろ、開幕から2連勝したクアルタラロさんのチャンピオンを誰も疑わなかったと思います。

いつからだよ。いつからポイントランキングの上位に食い込んできたんだよ。っていうくらい、ミルさんはいつの間にかタイトル争いに加わってたような。

スズキといえば、やはりシュワンツさん。ケニー・ロバーツ・ジュニアさんには悪いけど、シュワンツさんだよね。モテギで観たときは泣きそうになった。本物だ!って思って。
これからスズキといえばミルさんと云われるように、来年も良い走りを期待します。

ちょいと気になるのは、リンスさんだよね。
今までスズキを引っ張ってきたエースといえばリンスさん。リンスさんも開幕当初の怪我が無ければ、チャンピオンになれていたかもしれない。❝タラレバ❞を言えばキリが無い。ミルさんは怪我無く走り切った結果、タイトルを獲れたわけだけど、リンスさんの胸中は如何に。


MotoGPランキング
 

この記事へのコメント