2020年カタルーニャGP|やはり気が付けばミル

2020年のカタルーニャGP。
やはりというか、ナントいうか。気が付けば、ミルさんが2位だ。予選は下位に沈んでたけど、決勝になると前に出てくる。ミルさんだったか、リンスさんの話だったか忘れたけど、新品タイヤだとタイムが出ないとかナントカ。
予選で前のほうに並べれば決勝でも容易く優勝できるんじゃないかと。

とはいえ、新品でタイムが出せるようになったら、それはそれで決勝の後半でタイヤが終わっちまうわけで今みたいに❝気が付けばミル❞なんてことにもならないわけで。どっちがいいんだかなんだか。
今は決勝の後半で、ほかのメーカーのマシンのタイヤが終わってきたときに安定してタイヤ性能を発揮してるってな感じなのかな。

でも、スズキはどのサーキットへ行っても安定してるような気がするなぁ。ほかのメーカーはサーキットによって浮き沈みが激しい。KTMは優遇措置が無くなってから上位に来なくなったのかな。

その中でも、ホンダは安定して表彰台に登れない。
中上さんがブレイクしそうなしてるのかってとこだけど、運が無い。運も実力のナントカって云うけどね。その昔(中学生時代?)は、加藤大治郎を超える逸材なんて呼ばれてたのは今は昔。優勝でもすれば一気にブレイクするんじゃないかね。して欲しいね。マルケスさんのいない今がホンダのサポートを受けられる最大のチャンスだし。

忘れてたけど、優勝したのはクアルタラロさんだったね。
これで、ポイントランキングはちょっとだけ引き離したけど、安定してるのはミルさん。そのうち、ひっくり返すんじゃないかな。して欲しい。

スズキ好きだし。
はじめて好きになったのは、ケビン・シュワンツさん。で、沼田憲保さんも好きだった。ほかのスズキライダーは思い浮かばない。終わり。

 

この記事へのコメント